INTERVIEW

「疾走クレヨン」メンバーに初インタビュー
2人目・小牟礼愛子「アイドルをやりたいという気持ちに蓋をしていた」

「疾走クレヨン」メンバーに初インタビュー<br>2人目・小牟礼愛子「アイドルをやりたいという気持ちに蓋をしていた」

6月1日に情報解禁された、「私たちの色にみんなの心を塗りつくし駆け抜けていく!」をテーマにアイドル界を突き進む6人組グループ「疾走クレヨン」。

ガラスガール、初代カバーガールを務めた熊澤風花が所属するTask have Funの所属事務所から誕生した。

そんな、フレッシュ感あふれる「疾走クレヨン」に初めてのインタビューを敢行! 6人連続インタビューの2人目は、小牟礼愛子ちゃん。

PROFILE

小牟礼愛子

こむれ・あいこ
2002年1月18日生まれ(20歳)
千葉県出身、O型、身長162cm
メンバーカラー:グリーン

【初公開の8問8答!】
① 趣味:写真を撮ること
② 特技:鳩の鳴き真似
③ 好きな食べもの:梅干し、お芋、イチゴ、一蘭のラーメン
④ 苦手な食べもの:脂の多いお肉
⑤ 座右の銘:「ツラい時こそ笑顔で」「Believe in yourself.What you believe is right is right.」
⑥ 好きなアイドル:Task have Fun、Perfume
⑦ 愛称:あいたん、あいちゃん
⑧ グループの中では何担当だと思う?:真面目でしっかり者

学業を経てアイドルに復帰!

小牟礼さんは6年前までTask(Task have Fun)の熊澤風花さんと一緒に同事務所のアイドルグループで活動して。活動停止後、熊澤さんはTaskに専念。小牟礼さんは学業に専念しながら芸能活動を続けてきたんですよね?

  • 小牟礼

    はい。小学5年生の頃に今の事務所にスカウトしていただいて、アイドル活動をしている時もずっと女優さんになるのが夢だったんです。前のグループの後は、CMとかに出させていただきながら芸能活動をしていたんですけど、ずっと女優として表現していく力もないし、自信もなくて。

なるほど。

  • 小牟礼

    で、大学3年生になって、「就活をするか、このまま芸能界で生きていくか?」って考えた時に、「リスクは大きいかもしれないけれど、挑戦してみないと始まらない。人生一度きりだし自分が本当にやりたいことをやろう!」と思って芸能界を続けることを選びました。

そして、そのタイミングで再びアイドルを目指したわけは?

  • 小牟礼

    やっぱり、アイドルという仕事は、すごくパワーを与えてくれると思うんです。私もまたアイドルにチャレンジして、いろんな経験や表現力、スキルを身につけたいと思いました。

komure1

Taskの活躍を見続けていたことで、アイドルへの思いが再び盛り上がってきたということはないですか?

  • 小牟礼

    言葉にはしていなかったけど、活躍を応援しながらも、「やっぱり私も同じステージに立ちたい」「前みたいに同じ景色を見たい」「芸能界で活躍したい」って気持ちはすごくありました。

葛藤があったんですね。

  • 小牟礼

    アイドル活動は、ファンの方々が笑顔になるのを見るとすごく幸せで。ファンの方々やメンバーといる時間が大好き。そういった、「そういう世界にいたい!」という強い気持ちに蓋をしていたことに気付けたこともあって、事務所の社長さんに「アイドルやりたいです!」って伝えました。

学業をきっちり終えて復帰するのは立派です。

  • 小牟礼

    なんだか現実的な話になっちゃうんですけど、親には、「アイドルで成功するかどうかわからない」という面で心配させちゃうし、大学も行かせてもらっている以上、「ちゃんと大学行かなきゃ」という思いもあって(笑)。ここでもアイドルをやりたい気持ちに蓋をしてたんです。でも、時間はかかっちゃうかもしれないけど、「自分が絶対に成長して大きくなって、親孝行や恩返しをしよう!」という思いに変わりました。

その蓋をしていた強い気持ちをこれから爆発させちゃうわけですね。グループ名に付く「疾走」のとおり、勢いがありそうです。

  • 小牟礼

    「止まらないぞ!」とは思います(笑)。いいファーストインプレッションを与えたいですね。楽しみです!

error: 警告: コンテンツは保護されています!