COLUMN

感動&浄化! ドラマチックレコードのデビューライブがまぶしすぎた! -ほりゆーこのオタク目線ライブレポ-

hori_003_00

10月18日に『ドラマチックレコード』略して『ドマレコ』のデビューライブが渋谷WOMBで行われた。

その様子を、新宿歌舞伎町でアイドルファンが集まる飲み屋『酔っこら処』のママ・ほりゆーこがレポ!

今回も、90%ほどのオタク目線でレポートしますので、そこのところ、ご留意ください!

「やられた!」冒頭の歌詞が“物語”すぎる!

ドマレコは元アキシブprojectの新居歩美、元アクアノートの高梨有咲、元境界線の小野莉々、白鷺あいら、河西栞からなる5人組アイドルグループ。

デビュー前から全曲サブスクで解禁しているところは予習しやすくてデビューライブへのモチベーションを高められるのでオタクとしてはとてもありがたい!

会場に着くと後ろの方までパンパンでオタクの熱気が凄くてドマレコへの期待値の高さが伝わってくる!!

hori 003 01

映像と共に遊園地に来たかのようなワクワク感と高揚感のある楽曲『ゆーとぴあ』が流れメンバーが登場!「さあ、物語をはじめよう」という冒頭の歌詞がデビューライブのオープニングにぴったりすぎて「うわぁ!やられた!」と思ってしまった!

ドルオタは物語に弱い生き物なのだ(笑)。

「みなさん初めまして!私たちドラマチックレコードです!」「いっぱい入ってるー!!」とパンパンのフロアを見て嬉しそうなメンバー。

自己紹介を終え「この緊張と興奮が冷めあらぬ中ですがさっそく次の曲に行きたいと思います!」と始まった2曲目『どうしようもないね』は曲も歌詞も可愛らしさを凝縮した楽曲で手拍子とフリコピで盛り上がれる一曲だ。特に青色担当のりりちゃんの笑顔がキラキラしていて目で追ってしまった!

hori 003 02
小野莉々

そして、Task have Funなどの楽曲を多く手掛けるGUCCHOさんの作詞作曲『生きて存在証明』。振り付けもメンバーの歌い方もカッコよくてロックで熱い1曲だ! 特に赤色担当のあゆちの煽りがスゴい! さっきまで可愛かったのが一変してカッコイイ熱い煽りで会場を盛り上げていてフロアの温度が急上昇した!! 黄色担当最年少の有咲ちゃんのダンスもキレキレでカッコイイ!!

hori 003 03
新居歩美
hori 003 04
高梨有咲

白色担当のあいらちゃんの「この曲は儚くて切ないでも力強いそんな1曲になっております。皆さんとライブで育てていきたいです」というセリフと共に『瞬間ドラマチック』が始まった。

歌い出しのピンク担当の栞ちゃんの優しくて綺麗な歌声で心が浄化された……。この曲はデビューライブ前にMVが公開され、グループのコンセプトの「ドラマチック」を強く感じられるドマレコを代表する一曲だ!

hori 003 05
河西栞

続く『ハルフウェイ』は疾走感のある爽やかな一曲。私はライブで見てからこの曲が好きになって、サブスクで毎日のように聴いている。皆さんにも是非聴いてほしい!

MCではプレデビューからこの日までの話になり、有咲ちゃんが「たくさんレッスン頑張って楽しく多忙な日々を過ごさせてもらってすごく大変だったんですけど、ハッシュタグとか色んな励みの言葉とかリプひとつだけでも嬉しくて、皆さんの応援が勇気になっていたので今度は私たちが勇気を与えられるそんな存在になれたらいいなと思います!!」とオタクが応援したくなる言葉に心を掴まれてしまった…!

hori 003 06
白鷺あいら

「次の曲は振りコピやクラップをして盛り上がって下さい!」のセリフで『アガル!ガルッ!girl』が流れる。この曲は作曲GUCCHOさん・作詞フトメホソシさんの私の大好きなタッグの曲でライブで見れるのを楽しみにしていた! 振り付けが面白いし可愛さもあってこれからライブでどんどん育っていきそうな曲だ。

hori 003 07

その楽しさのまま『シャッターチャンス』へ! 曲名になぞらえて振り付けも自撮りしたり集合写真を撮るような振り付けが盛り込まれていて、特にあゆちのウインクの瞬間! ……オタクが倒れてしまいそうなくらいの攻撃力だった!

error: 警告: コンテンツは保護されています!