INTERVIEW

「大阪で一番売れてないアイドル」だったはずの“くぴぽ”が売れ始めたワケとは?

「大阪で一番売れてないアイドル」だったはずの“くぴぽ”が売れ始めたワケとは?

最初からメディアや事務所のバックアップがあったり他ジャンルの人気者が参加してデビューするアイドルグループもあるけれど、多くのライブアイドル・地下アイドルは知名度ゼロの状態からスタートしている。ただ、そんな「売れてない」「知られてない」状態があるからこそ、初期にその魅力に気づいたファンはより熱意を持って応援するし、後に知ったファンもそのストーリーに共感したりする。

「大阪で一番売れてないアイドル」をキャッチフレーズに、2014年から活動してきた大阪のアイドルグループ・くぴぽ。現在では東京大阪に股をかけてライブも行い、主催イベントも多く開催するなど、現在では「一番売れてない」が言い過ぎな程度にはライブアイドル界でも名が知れた存在のグループだ。

そんな大阪で一番売れてないアイドルの本当に売れてない時代、そして気づいたアイドルの売れ方と現在までの歩みについて、唯一のオリジナルメンバーでありプロデューサーのまきちゃんに話をうかがった。

0008 001 maki 1 1
error: 警告: コンテンツは保護されています!