NEWS

NEWS

声出し解禁の夏! ライブアイドルオタク45人が選ぶ「ここのデシベルがやばい」

dbdb

今年1月27日に収容率上限100%でのライブの声出しが解禁され、各ライブ会場に戻ってきたオタクの声援。5月8日にはコロナが「5類」に移行し、マスク着用も個人の判断となった(イベントによっては「マスク着用声出し」の場合もある)。

声出しといえば、アイドルのパフォーマンス、楽曲がその声援・コールにピタリとハマった時の一体感たるやエモーショナルの極みで、その声援やコールの声量が大きければ大きいほど、揃っていれば揃っているほどビリビリするような凄みを感じる。

コロナ禍を経た今、そんな「声量の大きさ」=「デシベルがやばい」グループはどこなのか? 

ライブアイドルオタク45人にアンケートを実施。各グループの直近の公式ライブ動画も参考に、8組をピックアップした。

デシベルばり高!盤石のアンセムソング

・真っ白なキャンバス『SHOUT』(2017年)

『真っ白なキャンバス フリーライブ2022夏』(2022年7月9日開催)
<オタクの声>
「あずさコールはアイドル界で一番オタクの声が出てる」(らむ)/「とにかく沸ける」(しょうねん)/「イントロから沸ける」(しばちゃん)/「結成6年を前にコロナ前の熱量を保ち続けている。白キャンの6年間はこの曲とともにある。メンバーの生き方を象徴する代表曲」(無記名)

2017年9月に結成されて最初に公開された音源。動画は約2年4カ月ぶりの声出し解禁ライブ。メロディアスで疾走感のある曲調に綺麗にハマるオタクのコール。その音量の大きさはまさに「叫び」。メンバーの歌声と合わさり感情が揺さぶられる。オタクのコールと共に成長し磨かれてきた珠玉の一曲。

・虹のコンキスタドール『トライアングル・ドリーマー』(2015年)

愛の三角関数おしえてよ♡ in 日比谷野外音楽堂(2022年12月17日開催)
<オタクの声>
「コールがほぼ常に入っている」(しゅうまい)/「アイドルオタクなら一度は聴いたことがある曲と振り付け。コールの入門にも最適な一曲‼︎」(無記名)

動画は約3年ぶりの声出し解禁ライブでの全力の“ガチ恋口上”。野外フェスではイントロが流れた瞬間、どこからともなく「言いたいことがある」オタクたちが観客ゾーンに全速力で集まってくることもしばしば。聴くとコールしたくなる、振りコピしたくなるアイドル界で愛される楽曲。

・Task have Fun『3WD』(2017年)

【03:38〜】結成7周年記念ツアーファイナル『Lukcy7』Vlog in KANDA SQUARE HALL(2023年5月28日開催)
<オタクの声>
「ただひたすら“オイ!”だけ言えばOK。掛け声だけで熱気が異常に上がる」(無記名)/「オタクたちの待ってました感がすごい」(無記名)

構えのポーズと1音目から心をつかまれる代表曲。オタクのシンプルで気合の入った掛け声に加え、腕を上下に振り下ろすサビの振りコピがフロアを埋め尽くす光景も圧巻。また、「世界で一番白岡今日花コールが出ている」(ばーちー)と、沸き曲『全開!Teenage riot!!』を推す声もあった。

・Devil ANTHEM『Fever』(2017年)

<オタクの声>
「フェスで鉄板のこの曲。デビアンのオタクでなくても誰でも沸けます。自分も前半の“あー! 竹越ファイヤー!”でノドをやってしまったことがあるくらいで、みんな声を出してて気持ちいいですね!」(Yappo)

ファンへの感謝の気持ちをエレクトロポップサウンドに乗せて歌った一曲。出だしの竹越くるみのパート「メラメラ燃えるこのハートが〜」に対する“竹越ファイヤー!”や「なんかいいことないのかな〜」に対する“あるよー!”の返しが秀逸。落ちサビからのクラップ、ラスサビに向かう流れにはえもいわれぬ高揚感がある。

この他、BELLRING少女ハート『asthma』(2016年)、Appare!『キミだけのワンダーランド』(2016年)、FES☆TIVE『OIDEMASE!!〜極楽〜』(2017年)といった、2017年以前のお馴染みの楽曲も挙がった。

error: 警告: コンテンツは保護されています!