NEWS

「腕立て伏せ」のヲタ芸まで登場! 世界一熱いタイのアイドル最新事情

01

アイドルに背を向けてダンスに腕立て伏せ! 驚愕の応援スタイル

ここからは、アンチッチ氏が現地で撮影した動画とともに紹介しよう。

「軍団を作っておそろいのTシャツを着たり、最前管理もいますし、リフトやモッシュもOK。サークルになってぐるぐる回ったり、日本みたいな規制はまったくないです。いかに面白いことをやるかって、日本の地下アイドルオタクと発想がまったく一緒。メンバーもそれを面白がってくれます。日本の地下現場で見られるハードな応援スタイルが、海を越えてタイで見られるというのは感動すら覚えます」

だが、そこに暗い影を落としたのがコロナ。日本のアイドル現場は中止、または無観客配信に。有観客になっても声出しが禁じられ、タイのオタクは新たな応援スタイルが輸入できなくなった。そんな状況でタイのアイドルオタクが編み出したのは、驚愕の応援パフォーマンスだった。

「曲に合わせて腕立て伏せをはじめたんですよ。アイドルに背を向けて、ステージなんて見ていない! 更に彼らは、アイドルに背を向けて踊ったりもする。もはやオタクじゃなくてダンサー。いやあ、驚きました! そんなことできるんだと! 日本のアイドルオタク文化が停滞している間に、先に行っちゃった。これを見た時、『正直負けた』って思いましたね」

最近では48グループ以外にも日本のアイドル運営がタイに進出。FES☆TIVEの妹分としてSUMOMO(スモモ)、ArcJewelがEuphonie☆(ユーフォニー)を手掛けるなど、日本のアイドルをタイに連れて行くだけでなく、現地で新たなアイドルを立ち上げるケースが増えている。

「コロナの規制も緩いですし、日本のアイドルが好きだったら、タイのアイドルは絶対にハマるはず! LCCが飛んでいるから安く行けますよ!」とアンチッチ氏。日本の更に先を突き進むタイのアイドルシーン。今こそ見に行くべきかもしれない。

取材・文/関根弘康 写真・動画提供/アンチッチ

error: 警告: コンテンツは保護されています!